2006年07月08日

7/1週の成績(113.66攻防)

米雇用統計が3ヵ月連続で15万人を下回り、雇用悪化→失業率上昇→景気後退→金融緩和→金利低下→ドル下落の流れから、ドルが売られやすい地合です。

13-14日の日銀金融政策決定会合でゼロ金利解除の確度は高いと思いますが、どれ位のペースで利上げをしていくかに注目です。来週のドル/円は下値を試す展開が予想されます。まずはフィボナッチ38.2%押し(5/17 108.96→6/23 116.57)の113.66の攻防でしょうか。

現在のレバレッジ=保有ポジション×平均約定価格÷資金
○スイング口座:なし
○スワップ口座:6万NZドル×76.00円÷82万円=5.6倍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。