2006年07月27日

ベージュブック(その2)

注目のベージュブックの内容は、景気減速を示す内容だったため、ドル円は一気に116円台半ばから急落し、116円台前半での展開となっています。一昨日は、消費者信頼感指数と米中古住宅販売が予想を上回ったことで、8月利上げ観測が高まり、ドルが買われる展開でした。

8月8日のFOMCにかけて、まだまだこういう展開が続きそうです。

NZ中銀は、金利を現行の7.25%に据え置くことを決定しました。NZ中銀総裁のコメントが『高いインフレ率が続く見通しであるが、それだけで利上げを決めるわけではない』だったので、しばらくは利上げも利下げもないと思われます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。