2006年08月04日

今晩は雇用統計

今晩発表される(米)雇用統計は、ここ3ヶ月予想を下回る結果でドル売りのキッカケとなってます。夕方からの値動きは要注意です。

・景気重視の利上げ見送り or
・インフレ懸念重視からの利上げ継続

かですが、米景気減速感がマーケットを支配してるので、利上げの可能性は低いというのがコンセンサスです。

昨日は欧州中央銀行(ECB)と英中銀イングランド銀行(BOE)が利上げをしました。ECBは想定通りですが、BOEは早めの利上げでサプライズとなりました。

トリシェECB総裁のインフレ警戒発言から、欧州金利の先高観を背景にした円売り・ユーロ買いが先行しています。
posted at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用統計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。