2006年09月14日

G7&重要指標待ち

ニュージーランド準備銀行(RBA)で政策金利が据え置きとなったものの、「これ以上の引き締めは不必要という確信が持てなくなっている」とのインフレ懸念を払拭しきれないコメントでドル売り優勢です。

ポールソン米財務長官も講演で「中国にはより柔軟で市場主導の為替レートが必要」と指摘しましたが、要人発言に瞬間的に反応を見せるもいづれも短命、相場への影響は限定的でした。

週初からの「意外なドル買い」でG7がインベントリスクとして意識されだしたのでしょうか。今日の米小売売上高、明日のユーロ圏と米国の消費者物価指数(CPI)もあるので、ポジションを傾けづらい流れとなっています。
この記事へのコメント
かなりくわしくFXを研究されてますね。今後も参考にさせていただきます。私のブログも参考になれば。。

http://blog.goo.ne.jp/stg0225/
Posted by Joe at 2006年09月14日 17:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。