2006年10月05日

バーナンキFRB議長講演

(米経済、金融政策については言及せず)

・国家的な貯蓄の推進は有効
・人口動態の変化は財政に影響
・社会の高齢化は経済に大きな影響を与える

講演後の質疑応答で
・住宅市場は大規模な調整局面で米景気の足かせ
・(インフレ)は物価安定とみなす水準を上回り続けており懸念している
等と硬軟織り交ぜたコメントを行いましたが市場は反応薄でした。
[セントラル短資]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。