2006年10月05日

武藤日銀副総裁会見

・政策変更のタイミングは予断を持たず、物価を考慮し総合的に判断
・米クリスマス商戦を待たずに、利上げの可能性も
・原油価格が下落しても、依然としてCPIは上昇基調と認識
・利上げによりマーケットにショックが生じるとは思っていない
[セントラル短資]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。