2006年10月17日

円ショートカバー

・ロシア中銀外貨準備の円比率引き上げ=円買い
・北朝鮮2度目の核実験の可能性のニュース=円売り
でドル円の売り買いが119円を挟んで交錯しています。

長期下降トレンド(2002/2/11高値 135.01→2005/1/14安値 101.77)からの戻しをフィボナッチ・リトレースメントでみると、
・61.8% 戻し: 122.31
・50.0% 戻し: 118.39

118.4円台がサポートラインになっておりこれを抜けると、円ショートカバーのきっかけとなる可能性が高いかも。(IMM投機ポジションは円ショートが2週連続で過去最高を更新)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。