2006年10月17日

米経済指標(どちらに動く)

原油価格下落で生産者物価指数は軟化?、インフレ動向を占う上で重要なコア指数は上昇し、インフレ懸念は依然存在。対米証券投資は予想を大幅に上回る資金流入、鉱工業生産は予想を下回る結果に。一時118.80円付近まで買いあがりましたが、ドル売り優勢か。

・鉱工業生産(前月比)今回 -0.6%、予想 ±0.0%、前回:-0.1%)
・対米証券投資(1168億ドルの買い超し、予想530億ドル、前回:329億ドル)

・生産者物価指数(前月比)今回 -1.3%、予想 -0.7%、前回 +0.1%
・生産者物価指数(前年比)今回 +0.9%、予想 +1.4%、前回 +3.7%
・生産者物価指数(コア前月比)今回 +0.6%、予想 +0.2%、前回 -0.4%
・生産者物価指数(コア前年比)今回 +1.2%、予想 +0.9%、前回 +0.9%


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。