2006年11月05日

今週の為替見通し

今週の円相場はやや弱含みでもみ合いながら推移しそうだ。前週末発表の10月の米雇用統計で失業率が改善したことなどを受け、米景気の後退懸念が薄らいだためだ。市場参加者の予想は1ドル=116―119円台が中心となっている。

 今週は、雇用統計で米景気の底堅さが意識されたことで、日米の金利差に注目した円売り・ドル買いがやや優勢になるとの見方が多い。国内個人投資家の外債への投資意欲も旺盛で、それに伴いドル買い圧力が強まる局面もありそうだ。ただ、米景気の後退懸念が払拭されたわけではないため、一本調子の円安・ドル高を予想する声も少ない。

 今週は7日の米中間選挙への関心が高い。市場参加者の間では、共和党が下院で過半数を割り込むと「現政権の議会運営が困難になる」との見方から、この局面では円買い・ドル売りが入ると見込まれている。

 国内では10日に9月の機械受注統計の発表がある。市場予想の平均は前月比で2%台のプラスだが、市場予想を下回れば円売り・ドル買いが加速する可能性もある。
[11月5日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。