2006年11月14日

国内GDP(予想外の好結果)

7-9月期GDPは事前に予想されていた0.2%よりも強い伸びの0.5%となりました。一時後退していた日銀の追加利上げが再度浮上しそうです。この予想外の好結果は円高圧力として働きを見せるかもしれません。

・GDP-3Q:前期比 +0.5%(前回+0.2%、予想+0.2%)、前年同期比 +2.0%(前回+1.0%、予想+1.0%)
・GDPデフレーター:前年比 -0.8%(前回-0.7%、予想-0.7%)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。