2006年11月16日

11月日銀金融経済月報

・景気は緩やかに拡大、足元の景気判断を据え置き
・先行きも緩やかに景気は拡大を続ける、判断据え置き
・消費者物価指数(除く生成食品)は前年比プラス基調続けていく
・国内企業物価、原油価格反落から当面上昇テンポ鈍化
・個人消費は増加基調、生産も増加基調
[セントラル短資]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。