2006年11月19日

今週の為替見通し

 今週の円相場は軟調に推移しそうだ。材料が少なく方向感が出にくいとの見方もあるが、日米金利差を背景に円売り・ドル買いが優勢の地合いが続く公算が大きい。市場参加者の予想は1ドル=117―119円台に集まっている。

 週後半から始まる米国のクリスマス商戦が注目される。出足の好調さが確認されれば、米景気減速のソフトランディング(軟着陸)期待が強まりそうだ。利下げ観測が後退して一時的に円売り・ドル買いが進む場面もあるとみられる。米株が堅調に推移していることや、国内で長期金利が伸び悩んでいることなどを材料にドルが買われやすいとの指摘も出ている。

 国内では21日、日銀が10月12、13日に開いた政策委員会・金融政策決定会合の議事要旨を公表する。24日には福間年勝審議委員が水戸市内で講演する予定だ。追加利上げに前向きな内容があれば、円を買い戻す動きが出る可能性もある。ただ日銀が早期の追加利上げに踏み切るとしても日米の金利差は依然として大きいため、円買いは長続きしないとの見方が強い。
[11月19日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。