2006年11月26日

今週の重要指標・注目材料

今週は日米とも主要経済指標や金融当局者発言が目白押しです。
・米景気の先行きを占う上で住宅・個人消費などの個人消費関連指標
・12月利上げの有無を占う日本の全国消費者物価指数
・欧州の景況指数
など今後の景況感・金利動向を見通す上で重要な指標が続けざまに発表されます。

先週は大きく売り込まれたドルですが、新たなトレンドに入ったのかの真価が問われる週になりそうです。市場センチメントはドル売り継続ですが、テクニカル的にも、短期的にもドルは売られ過ぎで、一旦調整が起こる可能性もあります。

また各国要人の講演・会見も多く、利上げに踏み込んだ発言があるのかどうか、新たなトレンドのキッカケになるのかどうか関心が高いです。


【重要指標】
・11/28(火)22:30(米)10月耐久財受注[除輸送]+0.2%(前回 +0.5%)
・11/28(火)24:00(米)11月消費者信頼感指数 106.0(前回 105.4)
・11/28(火)24:00(米)10月中古住宅販売件数 615万件(前回 618万件)

・11/29(水)08:30(日)10月鉱工業生産[速報値]-0.4%(前回 -0.7%)
・11/29(水)22:30(米)3Q-GDP [改定値] +1.8%(前回 +1.6%)
・11/29(水)22:30(米)3Q-個人消費 [改定値] +2.8%(前回 +3.1%)
・11/29(水)24:00(米)10月新築住宅販売件数 105.0万件(前回 107.5万件)
・11/29(水)28:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)

・11/30(木)19:00(ユーロ)11月消費者物価指数 [速報値] +1.8%(前回 +1.6%)
・11/30(木)19:00(ユーロ)3Q-GDP +0.5%(前回 +0.9%)
・11/30(木)22:30(米)10月個人所得 +0.5%(前回 +0.5%)
・11/30(木)22:30(米)10月個人支出 +0.1%(前回 +0.1%)
・11/30(木)22:30(米)10月PCEデフレータ +1.4%(前回 +2.0%)
・11/30(木)24:00(米)11月シカゴ購買部協会景気指数 54.4(前回 53.5)

・12/01(金)08:30(日)10月全国消費者物価指数[コア]+0.2%(前回 +0.2%)
・12/01(金)24:00(米)11月ISM製造業景況指数 51.8(前回 51.2)

【要人講演】
・11/27(月)福井日銀総裁講演
・11/28(火)バーナンキFRB議長講演
・11/29(水)福井日銀総裁記者会見
・11/29(水)トルシェECB総裁記者会見
・11/30(木)キング英BOE総裁議会証言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。