2006年12月06日

114.45のサポートレベル

20061206.gif・水野日銀審議委員の「全ての指標が良くないと利上げできないわけではない」とのタカ派寄りの発言で、日銀利上げが年内に前倒しとなるとの思惑

・ここ最近のドル安に対する懸念から、シカゴIMMの投機筋の円ショートポジションの減少に見られるキャリートレード解消に伴う円買戻しの機運が高まり

が円高を牽引する格好となりましたが、114.45レベル(フィボナッチ50.0% 押し)がサポートされたことから、一先ず小休止となっています。

しかし115.00を回復できず、下落リスクは解消されたわけではありません。114.45レベルは目先のポイントとなっており、下抜けた場合、更なる下落を呼ぶ可能性も高いです。

フィボナッチ(5/17 108.97→10/13 119.91)
38.2% 押し: 115.73
50.0% 押し: 114.44
61.8% 押し: 113.15
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。