2006年12月09日

12/2週の成績(+67,760円)

米雇用統計の底堅さを受けて円売り・ドル買いが先行、ドル円は一時115.85円に上昇しましたが、その後のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) 90.2(前回: 92.1、予想: 92.0)の弱い結果で、ドルへの失望売りを誘い114円台に再突入です。

「弱含みの経済指標などを背景に日銀は年内の追加利上げを見送る公算が大きい」とのニュースをきっかけに、ポールソン米財務次官の「強いドルは国益」発言、ECBレートチェックの噂など円売りに急傾斜116.39円で終了しました。


スイング:4勝0敗 確定利益+67,760円(内スワップ1,760円)
累計損益は+357,989円(利確分、含み損益含まず)

現在のレバレッジ=保有ポジション×平均約定価格÷資金
○スイング口座:ノーポジ
○スワップ口座:ノーポジ

続きはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。