2006年12月25日

日銀福井総裁会見

日銀福井総裁会見に注目が集まりましたが、金利調整について目新しい材料に欠けたこと、クリスマス休場で海外勢の参加者がほとんど無いことで、小幅レンジ内取引となっています。

・現在は上振れ下振れリスクがいずれのへ偏り感じられる状況にない
・経済物価を丹念に点検し最善と考えられる判断を下す
・特定にお金利水準やタイミングは予め念頭においていない
・低い金利水準維持しながらゆっくりした金利調整行う
[セントラル短資]

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。