2006年12月31日

今週の為替見通し

 年明けの円相場はやや上昇するとの見方が多い。海外投機筋は年末にかけて日銀の年内利上げ見送りや、米国の利下げ観測後退に伴って急ピッチにドル買いを進めてきた。だが、一段とドル買いを進めるには材料不足との見方が多く、利益確定の円買戻しが優勢になるとみられるためだ。市場参加者の予想は1ドル=117−119円台が中心。

 国内で売買材料が乏しいなか米経済指標に注目が集まっている。市場の関心が高いのは米サプライ・マネジメント協会(ISM)が1月2日に公表する12月の製造業景気指数。前月は約3年半ぶりに景気判断の分かれ目である50を下回っており、50台を回復すれば一時的にドル買いにつながりそうだ。

 1月5日発表の12月の米雇用統計も注目材料。市場予想では、雇用者(非農業部門)の増加数は前月比11万人強。予想を上回れば米国の利上げ観測は一段と後退し、ドル買い要因になるとみられる。ただ「米景気の先行き悲観論の修正でドルが買われてきた局面は一巡した」との指摘も多く、円買戻しが強まる可能性が高い。
[12月31日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。