2007年01月02日

中国株12月損益(401911円)

今月は、米11月雇用が底堅い動きを示し、米国株式相場が上昇したことにつれて、買いが優勢な展開でした。

14-15 日の「米中戦略経済対話」で、ポールソン米財務長官が中国人民元の改革を促す発言をし、元高期待が強まり人民元が昨年7月の切り上げ以来の最高値を更新したことから、ハンセン指数は20,000台乗せ、H株は連日の史上高値を更新中です。

続きはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。