2007年01月12日

BOE・サプライズ利上げ

BOEが政策金利を0.25%上げ5.25%としました。市場予想は据え置きでしたのでポンド円が急騰、1998年8月以来の高水準となりました。

22:30からのトリシェECB総裁の会見は総じてサプライズはなく、利上げの可能性を暗に否定したことからユーロは全面的に下落しています。

【要人発言:トリシェ・ECB総裁】
・12月の利上げが正しかった事をデータは証明している
・金融政策は依然緩和的で、適切な時期に断固とした行動をとる
・成長リスクは下向きで物価見通しは上方に傾斜
・世界経済はよりバランスしていくだろう
・成長リスクは原油価格の反発や、保護主義、世界経済の不均衡・予想より賃金の上昇が強い
posted at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOE議事録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。