2007年01月14日

今週の重要指標・注目材料

今週は、PPIやCPIなどの物価インフレ指標や住宅着工件数などの個人消費指標などの重要指標に注目です。また17日には31日FOMCのたたき台となる米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表されます。米経済の軟着陸予想を補強する内容ならば、ドル買いが膨らむかもしれません。

国内では、17‐18日の日銀金融政策決定会合と日銀による利上げの有無が最大の焦点です。利上げしても「日米金利差が急に縮まるわけではない」との見方も多い一方、昨年7月以来の利上げとなれば、一時的に円の買い戻しが強まりそうです。

【重要指標】
・1/15(月)08:50(日)11月機械受注[前月比] +3.3%(前回 +2.8%)
・1/15(月)18:30(英)12月生産者物価指数(PPI)[前月比] +0.2%(前回 +0.2%)
・1/16(火)18:30(英)12月消費者物価指数(CPI)[前月比] +0.4%(前回 +0.3%)
・1/16(火)19:00(独)1月ZEW景況感調査 -10.5(前回 -19.0)
・1/16(火)22:30(米)1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 19.6(前回 23.1)

・1/17(水)   (日)日銀金融政策決定会合(〜18日)
・1/17(水)22:30(米)12月生産者物価指数(PPI)[コア:前月比] +0.1%(前回 +1.3%)
・1/17(水)23:00(米)11月対証券投資 +825億USD(前回 +823億USD)
・1/17(水)23:15(米)12月鉱工業生産[前月比] +0.1%(前回 +0.2%)
・1/17(水)28:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)

・1/18(木)15:00(日)1月金融経済月報・基本的見解
・1/18(木)22:30(米)12月消費者物価指数(CPI)[コア:前月比] +0.2%(前回 ±0.0%)
・1/18(木)22:30(米)12月住宅着工件数 156.0万件(前回 158.8万件)
・1/18(木)26:00(米)1月フィラデルフィア連銀景況指数 2.5(前回 -4.3)
・1/19(金)24:00(米)1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 92.3(前回 91.7)

【政策金利】
・1/16(火)23:00(加)BOC政策金利 4.25%(前回 4.25%)
・1/18(木)12:00(日)日銀政策金利 0.50%(前回 0.25%)

【要人発言】
・1/18(木)(日)福井日銀総裁記者会見(政策金利発表後)
・1/18(木)(米)バーナンキFRB議長議会証言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。