2007年02月01日

G7絡みのコメント(2)

ポールソン米財務長官「円の動向を注視する」発言や、景気の底堅さとインフレ圧力の緩和に言及したFOMC声明を引き金とする、円買い戻し優勢な流れが続いています。

・藤井財務次官、G7で円安が主要議題になるとは認識していない
・米上院議員が財務長官にG7で円安問題を取り上げるよう求めた(米自動車業界)
・ポールソン米財務長官、円相場の動向を非常に、非常に慎重に見守っている
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。