2007年02月04日

今週の株式見通し

 今週の株式相場は日経平均株価が昨年来高値を再度試す展開か。ピークを迎える10―12月期業績をにらみ、通期の上方修正銘柄を中心に循環物色が続く公算が大きい。米国など世界の株高を受け、投資家には買い安心感が広がりやすい。ただ過去最高に膨らんだ裁定買い残など需給には懸念も残る。週末に株価指数オプションの特別清算指数算出を控え、先物主導で値動きが荒くなる場面もありそうだ。

 先週の日経平均は週間で125円(0.7%)上昇した。週末の取引時間中には昨年4月に付けた昨年来高値(1万7563円)を上回ったが、大引けにかけて売りが膨らみ上げ幅を縮小。週末終値は昨年来高値を16円下回った。

 今週は10―12月期業績開示がピークを迎える。6日にトヨタ自動車、8日に三菱地所などが予定。2007年3月期通期見通しを上方修正する銘柄を中心に買われるとの見方は多い。「4―12月期実績も全般に好調で、株価もプラスの反応が目立つ」との声も聞かれる。

 3月期末配当の権利を意識し、電力株など配当利回りの高い銘柄や、3月の公示地価発表に向け含み資産銘柄も上昇しており、内需株の物色が相場を下支えするとの観測もある。
 高水準の売買を材料視する声も少なくない。東証一部売買代金は3兆円の大台を超える日が増えている。「外国人の旺盛な買いが戻り売りを吸収している」と地合いの強さを指摘する。

 もっとも、潜在的な売り圧力となる現物株の裁定買い残は5兆円を超えて過去最高を更新。週末に株価指数オプション2月物の特別清算指数(SQ)算出を控え、先物に仕掛け売りが膨らみやすい面もある。

 9、10日にドイツで開く7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で最近の円安が議題になるとの観測もくすぶる。円安修正が進めば輸出関連株の上値が重くなる場面もありそうだ。
[2月4日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。