2007年02月06日

注目のG7(売り買い交錯)

注目のG7では円安が議論されるとの警戒が強まっていますが、米国・欧州の足並みが揃わないことから、声明に円安が盛り込まれることはない、との見方が大勢となっています。

クロス円全体が値を下げてますが、利益確定の買い戻しもあり、ドル円は120円前半で売り買い交錯、上値も120.30-40で限定的です。ただ中長期的には円売りで、下値では買いも待ち構えている模様。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。