2007年02月21日

利上げでも円安?

昼過ぎに、日銀福井総裁が「金融政策決定会合で利上げを提案した」と伝わったことが円買い材料となり、円は一時119.70円台まで急落です。

マーケットは「利上げ」と「据え置き」が半々の状態のため、利上げの場合は円買い、据え置きの場合は円売りと、素直な反応になりそうです。ただ円安基調に変化はないので、15:30からの福井日銀総裁の記者会見に注目です。

【日銀金融政策決定会合】
・賛成8・反対1で利上げを決定、反対票は岩田副総裁
・生産・所得・支出の好循環メカニズムが維持される下で景気は緩やかな拡大続ける蓋然性高い
・先行きの金融政策は経済・物価情勢の変化に応じ徐々に金利水準の調整行う
・個人消費は昨夏の落ち込みは一時的で緩やかな増加基調にあると判断
・CPIは目先ゼロ近辺で推移する可能性
・CPIはより長い目で見れば基調として上昇していく
・低金利長期化期待定着すれば意気の長い成長が阻害される可能性
[ひまわり証券]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。