2007年02月25日

今週の為替見通し

 今週の円相場は緩やかに下落しそうだ。日銀が利上げし、「ほぼ唯一の円買い材料」が消えたことで、再び日米の金利差を背景とする円売り・ドル買いが優勢になるとの見方が多い。ただ米国で発表される経済指標の事前予想も強弱まちまちで、一方的な円安を予想する声は少ない。1ドル=120―122円台半ばで推移しそうだ。

 最大の注目材料は28日発表の昨年10―12月期の米国内総生産(GDP)改定値。速報値は年率換算で前期比3.5%増で、米経済が軟着陸する可能性が高いとの見方につながった。だが改定値の事前予想では同2%台半ばに下方修正される見通し。予想以上の下方修正になれば、米景気の先行き楽観論が後退し、一時的にドルが売られる局面もありそうだ。

 28日のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言も、米金融政策の「次の一手」を占ううえで関心が高い。国内では3月2日に1月の全国消費者物価指数が発表される。予想では前年同月比横ばいの見込みだが、仮にマイナスに転じれば円売りが強まる可能性が高い。
[2月25日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。