2007年02月26日

日銀会合要旨(反応なし)

・追加利上げ提案は須田、水野、野田の三委員
・低金利定着期待で経済は大きく変動の可能性-須田委員
・利上げ見送れば円安容認と誤解される恐れ-水野委員
・金利引き上げがフォワードルッキングな考えに適う-野田委員

・家計への景気波及経路が少し弱まっており留意の必要-財務省
・家計の下ブレリスクに十分留意すべき-内閣府

・消費者物価の上昇速度に不確実性−何人かの委員
・円の実効相場一段と減価し金融環境は一段と緩和−何人かの委員
・十分確信得られれば遅滞無く金利調節−複数の委員
・展望レポートの見通しは実現時間が後ずれ−一委員
・消費に確信もつにはデータの蓄積必要−何人かの委員
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。