2007年03月04日

今週の重要指標・注目材料

今週の注目材料は、各国の政策金利発表とポールソン財務長官の訪日・訪中、そして7日発表の米地区連銀経済報告(ベージュブック)と9日の米雇用統計です。米国の金融政策の動向が注目される中、次期FOMCの議論の叩き台となるベージュブックには注意が必要です。

カナダ、豪州、NZ、英国、ユーロ圏で政策金利の発表が予定されています。NZとユーロ圏が利上げ予定、その他は据え置きがコンセンサスです。

国内では5日のポールソン米財務長官と尾身幸次財務相とが会談します。市場動向や米経済などにどのような見解を示すかに注目が集まっています。上海では金融政策についての講演を行う予定で、中国に端を発した株式市場の下落や人民元がらみでも注目されます。

【重要指標】
・3/5(月)24:00(米)2月ISM非製造業景況指数 57.3(前回 59.0)
・3/6(火)24:00(米)1月製造業受注指数[前月比] -4.0%(前回 +2.4%)
・3/7(水)14:00(日)1月景気動向調査・速報[一致指数] 55.6%(前回 75.0%)
・3/7(水)22:15(米)2月ADP全国雇用者数 (前回 +12.6万人)
・3/7(水)28:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)
・3/8(木)22:30(米)新規失業保険申請件数 33.3万件(前回 33.8万件)
・3/9(金)08:50(日)1月機械受注[前月比] +1.3%(前回 -0.7%)
・3/9(金)22:30(米)2月非農業部門雇用者数 +10.0万人(前回 +11.1万人)
・3/9(金)22:30(米)1月貿易収支 -600億USD(前回 -612億USD)

【政策金利】
・3/6(火)23:00(加)BOC政策金利(据え置き)
・3/7(水)07:30(豪)RBA政策金利(据え置き)
・3/8(木)05:00(NZ)RBNZ政策金利(+0.25%)
・3/8(木)21:00(英)BOE政策金利(据え置き)
・3/8(木)21:45(欧)ECB政策金利(+0.25%)

【要人発言】
・3/5(月)(米)ポールソン財務長官【日本】
・3/7(水)(米)ポールソン財務長官【中国】
・3/8(木)(欧)トリシェECB総裁記者会見(政策金利発表後)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。