2007年03月09日

トリシエECB総裁記者会見

トリシェECB総裁記者会見でのポイントは、これまでの政策金利は「低水準」との見解を、今回「緩和的」としたことです。これを受けユーロドルは値を下げました。ECBの次回会合は4月12日の予定です。

・今日の利上げはインフレリスクを反映
・金融政策は引き続き緩和基調だ
・流動性は依然として潤沢だ
・利上げは物価期待の安定を後押しするだろう
・現在の景気拡大は広範囲に広がっている
・消費は時間とともに強まるはずだ
・投資は引き続き力強いはずだ
・短期的な景気見通しのリスクは均衡
・長期的な景気見通しのリスクは依然下振れ
・インフレ率は夏以降に上昇する見通し
・インフレ率は夏まで低下しそうだ
・インフレリスクは引き続き上振れだ
・今日の利上げ決定は全会一致だった
・ECBは物価安定に向けてあらゆる措置を講じる
[セントラル短資]

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。