2007年04月02日

日本株3月成績(390268円)

3月は、2/27からの世界連鎖株安で日経平均は一時17,000円を割り込みました。円キャリー・トレードの巻き戻しやリスクマネーの引き上げ等によるものです。

今後は急落過程で買われた戻売りや、期末配当落ち後の裁定解消売り等の不安材料は残りますが、3月期決算発表を通じて、企業収益力の強さが再確認されれば、見直し買いにより徐々に戻りを試す展開になるのではと思います。

続きはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。