2007年04月14日

G7をめぐる要人発言

ブラウン英財務相が『円キャリー取引がG7で議題にならない』との発言から、ドル円、クロス円ともに上昇する展開となりました。ドル円は一連の米指標が予想の範囲内であったことから方向感のない展開となっていましたが、クロス円の上昇に後押しされる形で119.30付近まで上昇です。

またユーロ円は161円の大台乗せを示現、さらに上値を窺う動きを見せています。昨日はG7に関する要人発言が相次ぎ、今後の動向の鍵を握っています。

今回のG7には中国が参加していない、前回のG7で円安批判の先鋒にたったドイツ財務相も欠席です。声明は前回を踏襲し大きな変更はないのでは?との憶測が強いです。

・4/14 トリシェECB総裁「G7会合前に、通貨への言及は控える」
・4/14 尾身財務相「G7では円はフォーカスされないだろう」
・4/14 イタリア高官「G7では円についての討議があるだろう」
・4/14 ドッジ・カナダ中銀総裁「特に気にしていない−円安について」
・4/13 ユンケル・ルクセンブルグ財務相「通貨はファンダメンタルズを反映すべき」
・4/13 バートンIMFアジア太平洋局長「日本にはまだデフレリスクが存在する」
・4/13 ブラウン英財務相「円キャリートレードはG7で特別な議題にならない」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。