2007年04月15日

今週の重要指標・注目材料

今週は、米欧の重要な経済指標の発表が相次ぐ17日(火)がポイントになりそうです。米国では3月の鉱工業生産や消費者物価指数(CPI)、住宅着工件数などインフレや景気に関連する指標が発表されます。

欧州ではドイツのZEW景況感調査や英国の物価指数も発表され、BOE議事録の公表もあります。このところ主要通貨の中でユーロの堅調地合いが鮮明になっていて、指標を受けてユーロが大きく変動するようなら、円相場のかく乱要因になる可能性もあります。

【重要指標】
・4/16(月)17:30(英)3月生産者物価指数(PPI)
・4/16(月)18:00(欧)3月消費者物価指数(CPI)
・4/16(月)21:30(米)3月小売売上高
・4/16(月)22:00(米)2月対米証券投資

・4/17(火)17:30(英)3月消費者物価指数(CPI)
・4/17(火)18:00(独)4月ZEW景況感調査
・4/17(火)21:30(米)3月消費者物価指数(CPI)
・4/17(火)21:30(米)3月住宅着工件数/3月建設許可件数
・4/17(火)22:15(米)3月鉱工業生産
・4/18(水)17:30(英)BOE議事録
・4/19(木)25:00(米)4月フィラデルフィア連銀景況指数

【政策金利】
・なし

【要人発言】
・なし


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。