2007年05月16日

ドル安・円安vs欧州通貨高

・欧米株式市場の上昇により、キャリートレード構築との思惑が強まった円は一段の下落を強いられた
・対米証券投資は676億ドルと、予想743億ドルを下回る結果だが、貿易収支(-639億ドル)をファイナンス出来たことでドル売りには反応せず
・米CPIが2.3%と、予想2.4%を下回った結果にドル売り、ユーロドル・ポンドドルは高値圏を維持
・ユーロGDPは3.1%と景気拡大が確認され、6月追加利上げの公算大
・英CPIは2.8%と予想と一致、浮上していた6月追加利上げ観測は対前月比低下で後退


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。