2007年05月23日

米中戦略的対話要人発言

ポールソン米財務長官は、中国側に中国貿易政策への不満が米国内で高まっていることを警告しました。それに対して中国の呉儀副首相は、貿易問題の政治化は断じて受け入れられないと牽制しています。

ドル円は3ヶ月ぶりの高値更新後121.71円まで上値を拡張。ユーロ円も前日高値を上抜け、週初の163.90円高値を窺い底堅さが目立ちます。

【ポールソン米財務長官】
・アメリカ国民の我慢がアンチ中国感情に
・米中ともに国内の保護主義台頭に直面している
・米中対話は「行動」に繋がるべき
・米中間の開かれた経済関係は国際経済の要
・中国当局は人民元上昇のペース加速の必要性
・人民元変動幅拡大は「有益なステップ」
・中国は時間をかけて人民元の柔軟性拡大に取り組む必要

【呉儀中国副首相】
・米中は戦略的な利害を共有している
・問題は信頼関係の構築により解決を
・貿易問題の政治化は断じて受け入れられない
・中国は均衡の取れた国際貿易を追求する
・中国は米国からの輸入拡大を図る
・経済関係の強化が米中両国にとり根本的な利益
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。