2007年05月25日

株下落で円キャリー巻戻し

昨夜の米耐久財受注(除輸送)は+1.5%と予想+0.6%、新築住宅販売も98.1万件(予想86.0万件)と強めの結果となり、昨年12月以来4ヶ月ぶりに増加に転じるなど住宅市場の底打ち発言を裏付ける結果となりドル買い地合いが強まったものの、買いは続かず往って来いの展開でした。

国内CPIは総じてほぼ予想通りの結果です。注目された4月CPI(除生鮮/前年比)は予想通り-0.1%と3ヶ月連続のマイナスとなりましたが市場予想通りで材料視されていません。

米国株の軟調、日本株の300円を超える大幅安でリスク回避の動きが強まり、リスク資産圧縮の動きで円キャリー巻戻しが活発化してる模様です。

・4月全国消費者物価指数(前年比) ±0.0%(予想±0.0%、前回-0.1%)
・4月全国消費者物価指数(除生鮮/前年比) -0.1%(予想-0.1%、前回-0.3%)
・4月全国消費者物価指数(除生鮮エネ/前年比) -0.2%(前回-0.4%)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。