2007年05月27日

今週の為替見通し

 円相場は軟調な地合いになるとの見方が強い。米景気減速への警戒感がやや後退したとの思惑から円売り・ドル買いが進み、ドルに対して年初来安値(1ドル=122円20銭)を探るとの観測も聞かれる。市場参加者の予想は120―122円台に集中している。

 鉱工業生産など米経済指標の改善がみられる中で、最大の焦点は6月1日に発表される5月の米雇用統計だ。前回(4月)は市場予想をやや下回る雇用増にとどまったが、雇用環境の改善がはっきりすれば米景気が軟着陸できるとの見方が強まり、円売り・ドル買いに弾みがつく可能性がある。今週は外貨建て投資信託の新規設定が相次ぐため、個人投資家の円売りも強まりやすい。

 ただ、円が安値を更新し続けるかどうかは不透明な面もある。122円台前半は安値警戒感が強まりやすい水準で、ヘッジファンドなどの円買いが増える可能性もある。債券市場では利上げを意識して中長期金利が上昇しており、金利上昇に伴って円が買われる場面もありそうだ。福井俊彦総裁ら日銀幹部の講演にも注目が集まる。
[5月27日/日本経済新聞 朝刊]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。