2007年06月03日

今週の為替見通し

 円相場は安値圏でもみ合うとの見方が市場では強い。世界の株価の上昇を受け、国内外の金利差に着目した円売り・ドル買いが継続されるとの声が聞かれる。ただ、円金利の上昇への思惑から円が買われる可能性もある。市場参加者の予想は1ドル=120―123円に集まっている。

 世界的に株式相場が堅調で、円借り(円キャリー)取引を使った取引が広がるとの見方が多い。米株や上海株が上昇すればリスクを取りやすくなり、円借り取引が増える方向に働く。1月の年初来安値(122円20銭)より円安・ドル高に進むかが焦点だ。

 一方で、株価が下落すれば、海外投機筋などがリスク資産から資金を引き揚げて円を買うとの見方もある。前週は122円前後まで下がると円が買われる展開が続いており、円の安値に対する警戒感は市場で広がっている。

 日銀の利上げへの思惑が強まれば、円買い方向に進む可能性もある。設備投資の先行指標である機械受注統計(4月分)が8日発表される。市場予想を上回れば利上げへの思惑から円は買われやすくなりそうだ。
[6月3日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。