2007年07月05日

トルシェECB総裁会見

・中国の為替レートは望ましい
・行き過ぎた為替相場の変動は望ましくない
・日本経済は持続可能な回復期にある
・為替の市場関係者は2方向のリスクを認識するべきだ
・円相場は日本経済の見通しを反映する必要がある
・米当局は強いドルが米国の利益だと言及
・ECBは引き続き潜在成長率を約2.25%とみている
・M3の伸びは依然として急速だ
・市場の予想を変更するつもりはない
[セントラル短資]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。