2007年07月08日

今週の株式見通し

 今週の株式相場は一進一退となりそうだ。企業業績の拡大期待は根強いが、参院選や米長期金利の動向をにらみ、多くの投資家は様子見姿勢を崩さないとみられる。日経平均株価は6月21日に付けた年初来高値(1万8240円)を上回る可能性があるものの、商いは盛り上がらず上値も限られそうだ。

 先週(2―6日)の日経平均は1週間で2円(0.01%)の上げにとどまった。円安進行で企業業績が上方修正されるとの期待から主力株が買われ、じり高の展開となったが、週末には金利上昇懸念が広がって反落。それまでの上げ幅をほぼ帳消しにした。

 今週も業績の上方修正期待から「下値には押し目買いが入る」地合いは続きそう。ただ、参院選と4―6月期の業績開示を控え「積極的に売買しづらい」と判断している投資家が多い。

 株式売買代金は6日まで20日連続で3兆円を下回った。商いが細りがちな中で「上値追いには力不足」との声がある。

 日経平均が年初来高値圏になると、戻り売り圧力も高まってくる。2月26日に付けた取引時間中の高値(1万8300円)を上回って一段高になるといった相場展開は想定しづらい。

 市場参加者は米長期金利の動きも気にしている。「5.3%を上回って推移すると株価にはマイナス」といった声も出ており、海外市場の動向しだいでは金利上昇リスクを警戒した売りが優勢になる可能性がある。

 11、12日の日銀政策決定会合も注目点だ。「追加利上げは8月という見方が大勢」といわれるが、12日に予定されている福井日銀総裁の会見で、利上げについてどんな発言があるか見極めたいという慎重ムードも残っている。  
[7月8日/日本経済新聞 朝刊]



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。