2007年07月12日

日銀金融政策決定会合

日銀は政策金利据え置きを反対1票(水野審議委員)で決定しました。その後の会見で福井日銀総裁が8月利上げに前向きな発言をしたことからマーケットは一時的に円買いで反応をしましたが、注目された据置きの反対票が1票にとどまったことからマーケットは円売りに転じました。

【福井日銀総裁記者会見】
・この動き続けば政策変更しても間違いない確信につながる
・政策委員の多数の認識も後退よりは前進している
・標準シナリオの蓋然性により確信持ちたい
・情勢に進展もあれば停滞もあり新しい問題もなくはない
・シナリオの蓋然性とリスクを見極めることが適当
・特定の指標を念頭に置かず幅広い視野で点検
・水野委員は0.25%の利上げを提案
・米金融市場の調整の動きは一つの要注意事項
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。