2007年08月04日

米雇用統計&FOMC金利

注目された米雇用統計は、非農業部門雇用者数は+9.2万人(予想:+12.7万人)、前回の数値も+13.2万人→+12.6万人へと下方修正されました。失業率も4.6%(予想:4.5%)と悪い結果に。この結果を受けてドル売り優勢です。

また今週発表された米経済指標は総じて弱いもので、来週のFOMC政策金利は据え置き、声明文も弱気との見方が浮上しています。
posted at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用統計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。