2007年09月03日

中国株8月含益(758509円)

8月は、欧州の大手金融機関が傘下の住宅ローン投資ファンドを凍結するなど、サブプライムローン問題に端を発する信用リスク懸念の高まりから、世界同時株安の様相が強まり香港株も急反落しました。

8/17の米公定歩合引き下げで、世界的に信用収縮懸念が後退したことを好感し、月末にかけて急反発です。中国金融当局が中国人投資家の香港株投資を試験的に解禁するとしたことも好影響を与えた模様です。

続きはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。