2007年09月03日

日本株8月成績(631579円)

今月は、米サブプライム問題再燃を受けて、世界同時株安の様相が強まる中、円相場の急伸も加わって大幅に下落、8月中旬に日経平均・TOPIXともに年初来安値を更新しました。

今後、信用収縮問題の再燃や米国の景気減速懸念等から、二番底を模索する場面が出てくる可能性も否定出来ませんが、海外金融市場の混乱は次第に沈静化に向い、波乱の懸念は燻るが、徐々に戻りに転じるものと予想されます。

続きはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。