2007年09月07日

BOE声明

BOE政策金利は予想通り据え置きでしたが、異例の声明文が発表されました。内容は物価上昇圧力に懸念を示し、金融市場の混乱が企業や個人に対する信用貸し出しがどの程度収縮するかに言及するには時期尚早としました。文面からは金融政策の先行きを判断するには難しい。

・資産担保証券に関わる懸念が高まった
・金融市場からの混乱を語るのは時期尚早
・企業や家計への影響を予想するのは時期尚早
・CPIは向こう数ヶ月、2%付近かそれを下回る可能性も
・信用の広がりの動向を監視している
・個人消費鈍化の一時的兆候見られる
posted at 06:32 | Comment(0) | BOE議事録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。