2007年09月08日

FRB、9月利下げか?

米8月雇用統計、非農業部門雇用者数がマイナス4000人と急激に悪化し、金融・建設分野を中心に米国の雇用拡大に急ブレーキがかかりました。雇用者数がマイナスとなるのは2003年8月以来4年ぶりのことです。

11万人増とみていた市場予測を大きく下回り、「金融市場の混乱が実体経済に悪影響をもたらしたことが初めて確認された」と市場は受け止めている模様です。

ただ、失業率は4.6%で前月と同水準で、インフレ懸念が台頭するかどうかの境目とされる5%をなお下回っています。

今後は、金融・建設以外の分野へも雇用調整が広がるのかなど、サブプライムローンの焦げ付きや市場の動揺が、雇用にどこまで悪影響を及ぼすのかが焦点です。景気を下支えするためのFRBの利下げが近いとの観測も一段と強まっています。
posted at 10:13 | Comment(0) | 雇用統計
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。