2007年09月13日

ECB月報(円売り優勢)

ECB月報をきっかけにユーロ円はストップを巻き込み159円台に乗せ、上げ幅を拡大しました。ドル円はストップを巻き込み、円売りが優勢です。

・金融市場の変動で不安定さが増大
・金融政策は依然として緩和的
・物価抑制目的に確固とした態度で適切に行動するだろう
・中期的インフレ見通しは上振れリスクにさらされやすい
・今年のインフレ率は2%を上回るだろう
[セントラル短資]
posted at 19:50 | Comment(0) | ECB会合・会見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。